麦茶の作り方は煮出しが良い3つの理由

季節が夏に近づいてくると美味しいのが麦茶ですよね。ペッドボトル入りのものを選べば手軽で良いのですが、やはり毎日飲むものなのでペッドボトル入りばかり購入していると結構な支出になってしまいます。なので自宅で麦茶パックを使って作るのが節約になりお財布に優しいです。最近の麦茶パックは煮出しだけでなく水出しができるものが多いですが、私は断然煮出しを麦茶の作り方として推したいと思います。その理由は3つあります。

時短

まず意外だと思うのですが煮出しをした方が水出しよりも短い時間で麦茶を作ることが出来ます。今私が使用している麦茶パックだと水出しの場合1~2時間では麦茶は完成します。それに対して煮出しの場合は約40分で飲めるようになります。時間の内訳としては水を沸騰させるのに5分、煮出すのに3分、流水で冷やすのが30分程度です。合計で約40分になります。短い時間で麦茶を作れるというのが煮出しを選ぶ1つ目の理由です。

長持ち

次に煮出しが水出しよりもおすすめなのは作った後の麦茶の傷みにくさです。麦茶というのは元々痛みやすい飲み物ですが、水出しをした場合は熱消毒をしてないからでしょうか非常に傷みやすくなります。それに対して煮出した場合は一度水を沸騰させたおかげかはっきりと分かる程度には水出しよりも長持ちがします。とは言え冷水で冷やした後はすぐに冷蔵庫で保存をしないと味がおかしくなり傷んでしまいます。ということで煮出しの方が水出しよりもおすすめな2つ目の理由は麦茶が長持ちするということです。

美味しい

これはもう個人的な意見になってしまうのですが、煮出した麦茶の方が水出しの麦茶よりも美味しいというのがあります。水出しの麦茶だと薄く感じることが多いのですが煮出した麦茶はそんなことも無く丁度よい濃さで時には濃すぎるくらいの味になってくれます。ということでこれが麦茶は水出しよりも煮出しの方が良い3つ目の理由になります。

麦茶は昔ながらの煮出しが良い

ということで私は麦茶の作り方は昔ながらの煮出しが良いと考えています。一度実際に水出しと煮出しを比べてみるとはっきりと分かると思います。ということでこれが麦茶は水出しよりも煮出し良い3つの理由になります。