新発売アサヒダイレクトショットが気になる、悪い意味で

アサヒビールが5月29日から発売する第3のビール「アサヒダイレクトショット」
この商品説明が悪い意味で気になる。

まず最初に気になるのは、このアサヒダイレクトショットの飲みくちについてだ。
今までのものより1,3倍大きいので、一度に大量に飲める「メガ飲みくち」を採用。
そのおかげで、アルコールと炭酸を今まで以上に味わえる。
このメガ飲みくちの採用は、消費者からのリクエストに答えてらしい。

アサヒビールは第3のビールは缶から直接飲むことを推奨しているのだろうか?
工場見学でビールはグラスに注ぐことで、炭酸や泡の量が調度良くなると説明してたような。
あれ、これはキリンビール、サントリーかもしれない。サッポロではないのは確か。
サッポロビールの工場は関西の近くには無いから。

まあ、どっちにしろ毎回グラスに注いで飲む自分のような人間にはメガ飲み口は必要ないということ。

そして次に気になるのがパッケージ。
このパッケージで本当に売るのかな。

うーん、何かビールっぽくない。
チューハイの類のようなデザイン。
こういうビールっぽくないデザインの銘柄はすぐに生産が終了してしまう。
人気が無くてね。

アサヒダイレクトショットも危ない気がする。

琥珀エビス500ミリ缶の6本セットをドン・キホーテで発見

価格は1680円。
500ミリ缶だけど、1本の価格は280円。
これは、定価よりは安いけど…

やっぱり激安の殿堂のドン・キホーテとしては高い気がするし。

しかも、こいつは賞味期限が今月いっぱい。
でも、見つけたからには購入しちゃう。
地雷は、敢えて踏みに行く。そんな感じなんですよね。

kohakucase
琥珀エビスのケース

 

 

 

 

 

 

 

 
コンディションには逆の意味で定評があるドン・キホーテだから、味は覚悟していた。
けど、相当意外だけど美味しかった。悪くなってなかった。はっきり言えば相当美味しい。

苦味が少なく。そして香り高い。麦の味が強い。しかもそれが嫌でない。かなり完成度の高いビール。
それはエビスだから当たり前だけど… 単純に相当美味しいビール。

迷ったけど購入してよかった。
琥珀エビスは相当美味しい。レギュラー商品にしたらいいのに。
なんか、コンビニ限定、期間限定、地域限定とかで限定商法をするビール会社が多い。
それは、なんか悲しい。美味しいビールを売ってるんだったら場所とか期間とか関係無しに提供して欲しいよ。
しかも、そういうビールが美味しいことが多いから、余計にそう思うわけですよ。

不味いビールなら別にどうでもいいんだけどね。

酒のほそ道 初夏の酒スペシャルを購入

ミニストップで酒のほそ道のコンビニコミックを発見。
うん?ペーパーバッグというのかな?
最近コンビニでよく見かけるこんな形状の本
酒のほそ道 初夏の酒スペシャル

 

 

 

 

 

 
いくつか読んだことがある話があったけど、530円で68話も入っていれば大満足。
昔出てた「初夏の肴スペシャル」と「憩いの酒スペシャル」を再編集した内容だそうだ。

コンビニコミックスだと内容が被ることがあるのが難点。
被るのが嫌だったらコミックスを買えばいいんだけど。
お酒を飲みながら読むと本を汚すことが多いから、こういうコンビニコミックスのほうが都合がいい。
と言うことで、また酒のほそ道のコンビニコミックスを購入するんだろうな。

うすはりのビールグラスが欲しい

うすはりシリーズのビールグラスが欲しい。

いろいろビールグラスを集めてみたけど。
シンプルなものが一番なきがしてきた。

ただ、このうすはりシリーズは不器用な僕が使うとすぐに割ってしまいそう。

その点、今使っているサーモスのタンブラーはイイ。
落としても割れない。凹むけど。

ただ、中が見えないのでビールの色が楽しめないのがネック。
やはりビールは透明なグラスで色も楽しみたい。

なので、不器用ですがうすはりのビールグラスが欲しい。
価格もそこまで安いわけではないけど、無茶苦茶高いわけでもない。

まあまあ購入してもいいと思える価格。
通販などで購入するのは、送料や割れるリスクが有るので頼みにくい。

とこか近くに取扱店舗があればいいんだけど。
ロフトや東急ハンズで販売してないのだろうか?

あとは百貨店のギフトコーナーとかにありそう。